2019年8月11日 裏man3で裏読みアップセット! 編


「裏man3って何?」


そこから説明した方がよいかもしれない。
降水確率30%以上の場合、箱根man3は原則中止(または日延べ)になります。
…が。中止を宣言しても「おら走るべ」と来ちゃうひとがいるんですねw
もちろん走るのはそれぞれの自由。
公には中止だけど、好きものが集まってman3スケジュールで走っちゃう行為を裏man3と呼んでいますw
ちゃんとした定義はないけど、そんな感じかな。

さて、8月の箱根man3は公には夏休みです。
ただ、このタイミングで走りたいひともいるかもしれないし、お盆で暇を持て余しているオサーンもいるかもしれない。
そこで日程だけ決めておくから後は勝手にやってねという流れ(つまり、裏man3)にしました。


I wish I could go.(気が向いたら行くね!)


箱根man3の基本コンセプトでもあります。
だって、遊びなんだもの。愉しまなくちゃ意味がない。
義務感でバイクに乗るのはちょっと違うでしょとmakoto@管理人は思うのです。
幹事的には、そうも言っていられないときもあるのだけれど。

Last Update: 2019/8/15

前回、ぁゃιぃ代車で参加されたBSF氏は、黄色いコを元の仕様に戻してきました。
海苔蔵氏は750刀。天候不良で西湘PA解散となった昨年11月のリベンヂですね!
愛妻あっこちゃんのDUKE390をお借りして参加のtoto氏。
7年の眠りから覚めたと思ったら、まさかの2回連続w
本業が忙しすぎて、このタイミングを逃すと、また当分バイクに乗れなくなりそうなんだって。

お盆の交通状況は予測不可能。
ただ、例年、峠道は割と空いていることが多いので期待しましょう。
BSF氏:「今日はまこちーも一緒に走ろうよ。走行写真なんていいからさ」
そだね。せっかく小ぶり(?)なツーリングなんだから、サクサク行きましょう。

ふと気が付いたら後続が誰もいなくなっていました。
途中で遅いクルマにでも引っかかったのかな?
いつものポイントにバイクを停めてメットを脱ぎ、デジカメの電源を入れたとき、
BSF氏とすすむ氏が上がってきました。

すー氏:「カメラに気付いて慌ててアクセルを開けたら、リアずるっと滑らせちゃったよw」

いや、ふつうに走ってくださいよ。危ないからw
(ちなみにふたりの撮影は間に合わなかったをいうオチ)

[裏]とあって、車種もバラエティに富んでいますね。(いつもか)
貰い事故で5か月ぶりに復活のkenさん。
おまけに最小排気量なのに、みんな容赦なしでど突きまくりw
メットの中の顔じゅうの穴という穴から、
さまざまな種類の汁が溢れ出していたことでしょう…。チーン。( ̄人 ̄)

大観山も本格的に夏模様。何気にバイク乗りって暑さに強い人種ですよね。
ふだん空調の効いたコンピュータ室で働くmakoto@管理人は熱中症寸前で死にそうでした。
到着するなり飲み物の自動販売機に向かいましたよw
さいたま組の参戦を嗅ぎつけたYui姐さんも衝動買いのMT-07に乗って合流。
試乗したtoto氏曰く、乗り味は"デカいSRX"らしいw

伊豆スカイラインで異常事態が起きていました。
十国峠ドライブインの辺りから渋滞が始まり、熱海峠入口も大混雑ときたもんだ…。
こんな光景、見たことがありません。さてどうしたものか。
ここまま進んでも、ストレスフルなツーリングになってしまうことは明らか。
おまけに何ンかガスってきたし…。

僕:「伊豆スカは諦めて、芦ノ湖方面に行きましょう」

果たして、芦スカ&箱スカはガラ空きで天候も一気に快復!
最高のワインディングランを愉しむことができました。

箱根スカイラインのいちばんわかりやすいパーキングでバイクを停めて後続を待つ。
みんなちゃんと気付いて停まってくれ…、ませんw
約一台が加齢過ぎるくらい加齢にThrough。ひと呼んで遅刻先輩ことkamu氏です。
そのまま箱根スカイラインの料金所を出ちゃったらしい…。なんでやねん。
madamada氏が迎えに行って「行き過ぎだよ。戻っておいで」と伝えるも加齢にThrough...
いつまで待っても来やしない。

madamada氏:「ちゃんと話したんだけどなー」
僕:「も一度行ってみます?」

再度、makoto@管理人とmadamada氏のふたりで向かって、
箱根スカ料金所の向こう側にいるkamu氏を確認。まだいた。何してるの、あの男。

「ケータイ落とした〜」あほかーw
「なんで(mixiで)つぶやけたの?」
「見つかったー」どあほかーw

kamu氏:「何となくトラブルに見舞われたけれど結果オーライ、またよろしくー」

オーライじゃねえよw
みんなをしんぱいさせて(特にしんぱいはしてない)、
炎天下さんざっぱら待たせておいて、反省の弁も悪びれる様子もまったくなし。
まあ、こういうひとです遅刻先輩。

その後、久しぶりのめってぃくんと合流して、もう少し遊んで解散。
明日から仕事のひともいるし、早めに帰った方がよいでしょう。
…と言いつつ、あまりに天気がよいので、箱根ターンパイクの展望台で休憩など。
ここも絶景ポイントなんだけれど、みんな景色にはあまり興味ないみたいで…?w
なんだかんだでがっつり愉しんだ裏man3でした。

 

home