2018年6月17日 梅雨の中休みに霧の椿を泳ぐ編

Last Update: 2018/6/26   First Update: 2018/6/25

Page 1/2 [Next]

今回、makoto@管理人はセロー250での参加です。
中部man3遠征後、そらいろ号のエンジンから異音が出ちゃって…。
日帰り800km越えがキツかったのか、中部のペースが異常だったのかw
重症でないとよいのだけれど…。

少々気持ちが盛り上がらないまま着いた西湘PAは相変わらずの盛況。スペースないじゃん。
コソッと歩道に停めさせて貰ったら、寅楠さんと目が合ったw

初参加の方も多く、朝ミーはいつもよりちょっと丁寧にやりました。
(「あれで?」というツッコミは…。えーと、甘んじて受け入れますw)
しかし、土曜日の雨の影響か、お山方面の雲がかなりぶ厚いですね。
ソロツーだったら走るのやめるレベル…。でも、みんな来てるし、今更、後にはひけないしw

熱海の旧道に入る前に、ちょっと車間空き待ち。
遅いクルマに使えちゃうと、クルマ側もバイク側もストレス溜めちゃうからね。
言わずとも皆さん意図を読み取ってくれたみたいですw

ここで、そらいろ号ではなくセローで来ていたことに気付く。SRXの方が圧倒的に速いじゃん…。
じぶんが先導することで、却ってストレスを溜めさせてしまったのでは。ごごごめん。

椿の入り口で「5分後フリースタート」を告げて走り出すも、
早々にガスが出始め、路面はびたびた。
シールドの曇り止めもほとんど役には立たず、やっと数m先が見えるかどうかという視界でした。
ペース抑えめでよろよろといつもの撮影ポイントに辿り着くと、真後ろに猛者どもが迫ってたw

「だって。。。だって、前が見えないのに右手が勝手にアクセルを開けていくんだもの」

嘘泣きのtakaちゃんに生温かい視線を送るけんさんと、
発言にはパススルーで既にじぶんのせかいに没入するwayne氏の姿がシュールw

半地元のYui姐さんから「昨日の時点で椿はドライだったよ〜」とゆう事前情報を得て、
密かに淡い期待を抱いていたのですが…。トラップだったかw(失礼)
もちろんご本人に悪気はあったわけではありません。しようがないよね。

単気筒のエグゾーストノートが霧の奥からずどどどと聞こえてきて、
デジカメのファインダーを覗くと、ガスが深すぎてAFがまったく合ってくれないw

運がよければ写っているだろうと、てきとうにばしばしとシャッターを切っていきます。
エクスクラメーションマークなんか気にしない。
意外と写っているものです。どれが誰やらわからないけれど。

これはこれで、このときしか撮れない絵になったのではないでしょうか。
たまにはこーゆうのもありでしょー。少なくとも、路肩でtakaちゃんめってぃくんwayne氏と、
げらげら談笑しながらの撮影はなかなかに愉しかったw

経験的に、(腫れ予報の日に)椿や大観山でガスっていても、
伊豆スカ方面へ向かうと、あるポイントで一気に視界が開けて気温が上がることが多い。
あと1時間遅れで来ていれば、ここも結構、明るくなっていたと思うけれどね。

Page 1/2 [Next]

 

home