2020年8月10日 梅雨が明けたからって、やりすぎだろう太陽のやつ現金なんだお前編

Last Update: 2020/8/29

Page 1/3 [Next]

前回に引き続き、たくさんの方に来ていただきました。
日々、コロナ患者が増え続けている中、
こうした集まりを催すのは、少しばかり心苦しくもある。≒100μgくらい。

考えようによっては、冬眠中の熊みたいに引き籠もりを続けた挙句、
空腹と生活のためにやんごとなく外に出て、わけのわからないうちに感染するよりは、
好きなことをして、もちろんやる以上はしっかり対策して、
その結果としての罹患なら多少は諦めもつくじゃないか。

ただ、万が一、罹患してしまったら…。
運よく無症状だったとしても、おそらく長い間、差別や偏見と対峙し続けなければならない。
このウイルスの恐ろしさたるや。ホント気を付けようね。

人間は活動する生きものなのだ。若さの憂さを晴らさねば呼吸すらできない。
僕らもうけして若くはない。
けれど、こころは意外なほどに歳を取らない。

「Hey! S●RI,そうだろう?」

「それ即ち、老化現象。貴方、成長していないだけ」

AIの真っ当な突込みには、胸を張って「ぐう。」と答えようではないか。

そして、こっそりトラブっていたひとが約1名(笑)
SRXでの参加は久しぶりの1613くんです。
タンク剥ぐってたのには気づいていたんだけれど、本人大丈夫って言ってたし。
自己解決能力に長けた子だから後で合流するだろうと…。

連れのSDRくんも巻き添えでDNF(Did Not Finish)となり、
参加メンバーの平均年齢が一気に上がる結果に。(笑)
おもしろいから晒し… この日、この場を訪れた証をここに残しておきますね。

オレンジラインは法面崩落で通行止。異常な長雨の影響ですな。
麓の休憩スペースに至るルートは幾つかあるのですが、
一部のひとはたどり着けなかった模様…。下調べしていなくて申し訳ない。(>_<;)ゞ
ま、こーゆうときのために第三集合場所まで用意しているわけだし、
次の大観山で待ちましょう。(← 進行が適当過ぎて全員いるか把握できないらしい)

CRキャブユーザーのだっと氏。(以前のハンドルはETC氏でしたね)
600は雑なセッティングでも結構走ってしまうのですが、400はセンシティブ。
ちょっとした隙にコソッとキャブ調整を行うひとがいるのは、
ある意味、とてもSRX乗りの集まりらしい光景です。
キャブセッティングは旧車ならではの 苦ぎょ… 楽しみですよね。

nakamura氏:「涼しそうだから降りてみたら、温かったのでざんねん〜」
本日もテンション高め。温い地べたで暖を取りつつローアングルを狙う。
撮影された画像は、ホームページ(死語)のトップに使わせていただきました。

久しぶりの 盗撮 撮影コーナー。
僕の写真は殆どがピンボケなので、wayneさんのアルバムをご参照願いたく。
(本レポートでも何枚か拝借しています。すぺさるさんくすなのです)
ちなみに撮影者たちも撮られてた。(笑)

生真面目なフォームのVTR250(ジムカーナ仕様)は、とし氏。
さりげなく右手でピースサインはkamu氏。(この後バックミラー落とす。そして拾う)
ko-ji氏は、新しい妾のスヴァルトピレンをご披露。

Page 1/3 [Next]

 

home