Last Update: 2021/11/23

今年最後になって、ようやく快晴に恵まれた2021年度の箱根man3。

朝から抜けるような青空が広がり、
暑くもなく寒くもなく、風も穏やかで、なにより完璧なコンディションのワインディングを、
本当にこころゆくまで愉しむことができました。
1年分の鬱憤をぜんぶ晴らした感。

あれだけ精神的に病んでいたのに、たった1日、気持ちよく走れただけで、
すっきりしてしまうのだから、バイク乗りチョロいですね(笑)

Page 1/3 [Next]

集合場所の西湘PAには既に多くのSRX乗りたちが集まっていました。
みんなこの天気を待っていてくれたんだねぃ。…としみじみ感じいるのも束の間。

ちょっと数が多すぎない?

この時点で軽く30台超え。
昨年までのようにコンビニ集合だったら、営業妨害で通報されかねないですよ。
こんなに集まったのは本当に何年かぶりのこと。バイブス上がります。

めずらしい純正グリーンのIV型はバックス氏。
写真苦手なのか、そそそとポジションを移動してしまいました。何ンかごめん(笑)

今回は初参加のひともたくさん来てくださいました。
マスツーで万が一のときがあったとき、名前も連絡先もわからないというのは少し困る。
そんなわけで、初めてのひとは緊急連絡先カードというのを書いていただくのですが、
用意していたブランクカードが足りなくなるという事態に。
いやもう完全に油断していました。すみません。

給油ポイントもわっちゃわちゃです。
スタンドのスタッフが慌てて出てきて「おまいらもう少し端の方に(以下略」
悪さしているわけじゃないし、すぐ出発するんだから、そんなに迷惑がることないじゃん…。
給油量が少ないバイク乗りは客として見られていないのかしら。

最新のiPhoneで椿ライン麓のえらやっちゃな隊列をパパラッチ中のToraiwa氏。
makoto@管理人は例によって一足早く出発して、いつもの撮影コーナーで後続を待ちます。
今回は、友人のはらぼう氏にカメラマンを依頼したので、
一眼レフとコンデジの1.25眼体制で撮るよ!

そらいろ号のコーナリングアプローチです。
ここはいちおう僕(makoto@管理人)のHPなので、たまにはじぶんの写真上げてもよいよね?
リラックスして、ゆるっと回る感じがとても気に入っています。

はらぼう氏が撮影してくれた走行写真は、google photo のアルバムからDLできます。
このレポートで使用している写真たちも。

HNに反して、ぜんぜんポンコツじゃないポンコツポルコ氏。

ふだんは初期型SRXのハヤシ氏。今回はBSF氏の元愛車であるGPz750Turboで登場。
このバイク、BGの紙面以外で走ってるとこ初めてみました(笑)
GPz900Ninjaよりこっちの形の方が個人的には好きです。

元GKダイナミックス社長 一條 厚さんの走り。
後でお伺いしたところ、1948年生まれの73歳。
若ものですら怯むキック始動のビッグシングルを古希を過ぎて駆るだけでもただごとではない。
おまけにキャブはCRです。
比較的見られる写真をはらぼう氏が撮ってくれていてよかった。

クオリティがまるで違うので分かると思いますが、少し横長の写真ははらぼう氏の撮影です。
ちなみに僕が撮った一條さん(笑)

ロッシレプリカの純正グリーンはバックス氏ですね。
まさかこんなところで撮影されているとは思わなかったでしょ(笑)

むちゃくちゃカッコよく撮られてるryohrzちゃん。スロットルがストッパーに当たっている疑惑。

こちらも劣らずカコイイ、ベン太郎氏。
いつも何処かしらのボルトが緩んで部品を落としているイメージですけど、
この日、緩んでいたのは…、アタマのねじだけでした。

バイク屋BS-Factoryのボス、BSF氏。
箱根man3に集うSRXたちのマシンコンディションが一気に向上したのは、
このひとの功績がものすごく大きくて。
なにしろ最終型ですら30年落ちになるバイクですからね。
今や週末になるとSRX乗りたちが次々に押し掛ける(ほぼ)SRX屋となってしまいました。

えふ氏。HNの由来はCB750F乗りでもあるからとのこと。

イマニシ氏。今季はヘルメットが新しくなりましたね!ケニーレプリカとはまたシブい。

「man3同い年でビビった…」武田くんは2001年生まれの20歳。主催者もビビったよ!(笑)

Twitterでときどき見かけていた、かすてら氏。来てくれてありがとう。
トップブリッジの下にクリップオンハンドル、更には倒立フォーク。
「ジジイには とても乗れない 造れない」
思わず一句出来上がっちゃう(季語なし)、おっとこ前仕様。

箱根man3のカッコよ過ぎる動画を造ってくれたToraiwa氏。
口元についているのはミニカメラです。
コンプライアンスな観点から公開できない裏動画があるとかないとか。
いやエッ○なのじゃなくて。

なにげに箱根man3が始まる前からのおつきあいとなる寅楠氏。お互い、歳を取りましたねぃ。
エンジン、旧排気系、足周り、外装と、20年以上かけて少しづつ姿を変えてきました。

数々の伝説を造ってきたgizおぢさんのSL230(通称SLタン)。
もはや関東SRX界のレジェンドのひとりと言って過言ではないでしょう。SLだけども(笑)

ちょっぴり遅刻の33氏。メットの下でも顔芸してくれるサービス精神。
このひとのリアクションホント好き(笑)

Page 1/3 [Next]

 

home