Last Update: 2022/6/5

いよいよ2022年度の箱根man3 KickStart!!!!(ぱふぱふぱふ)

て。

すんげく天気予報が微妙です。
目まぐるしく変わる降水確率。予報が予報の体を成していない。
こりゃ日延べかなーと、のんびりバイク弄りしていると、
鼻息ふんふんと雨雲を吹き飛ばす勢いのひとたちからメッセが入りました。

関西組です。

しかも、泊りがけ2名と日帰りトランポ1名が、各々、東への侵攻を企てているという。
20年を超える箱根man3の歴史においても未曽有の 危機… 珍事。
関東組として、漢として、やはり、 死地… 物見遊山に赴かなければならないでしょう。

---

箱根man3は、降水確率30%以上はキホン中止ですが、
「降りそうで降らない でもちょっと降るかも」
そんな場合、中止勧告しても、有志がフリーダムに集ってしまうことがあります。
そうしたケースは(誰が命名したのか)『裏man3』と呼ばれています。

…運がよければ、夕方くらいまでは天気持ちそうだし、
ぱっと遊んで降られる前に解散して、サクッと帰ればいいじゃない。

そんなわけで、2022年度の箱根man3は、いきなりの"裏"開催となったのです。

a1氏がまとめてくださったドキュメンタリー映像。この日の出来事が約4分間に凝縮されております。
夥しい(おびただしい)S○Xマニアて(笑)

Page 1/3 [Next]

裏だし、天気アレだし、集まっても十台ちょっとかなーと思ったら、
セヴンの広い駐車場を半分くらい占拠してた夥しい数のS○Xマニア(笑)
関西組の情報によれば、大観山は霧雨で、路面びったびただったらしい…。
そもそも、合羽というアイテムの存在が不穏なのです。

よく見りゃキックアーム付いてるsiniti氏のマシン(真ん中の画像)。
ステップはノーマルだけど、蹴り下ろせるのかしら?
バイクとの付き合い方が長いひとほど、原形を留めなくなっている傾向があるわけですが、
このマシンからは何がどうしてこうなったオーラが迸っています(笑)

BSF氏のマツダの紅色号とそらいろ号。K&H製のシングルシートがお揃い。
デザインも機能性も最高の逸品ですが、
かなり前に廃版になっているレアパーツ。オクで見つけたら即買いですよ。

そんじゃまあ、空模様が微妙だけど、ぼちぼち出発しますか。
…と走り出すなり、土砂降りだし(笑)

この台数が避難できる雨宿りスペースなんてある筈もなく、
びったびたに濡れて給油ポイントまで移動した後、
麓のガストへ向かうよう、参加者に呼びかけます。非常事態です。
天気誤報の嘘吐きー。誤報だからひっくり返って嘘じゃないのか(自己完結)

初期型のキック始動はステップに乗って全体重をかけ蹴り下ろすひとが多いんですが、
それをすると、やがてサイドスタンドが傷んでガタガタになっちゃうんです。
力任せの始動はスターターギアやキックアームの破損に繋がることもあります。

何度かそういう事例を目の当たりにして、
僕はステップに乗ってのキック始動を控えるようになりました。

昨年10月も雨宿りに使用したガスト。
駐車場が屋根付きで助かる。だけれども…。すんごい助かるんだけれども!
…常連にはなりたくないよう!(笑)

雨は小一時間ほどで上がってくれました。
iPhoneで雨雲レーダーをチェックすると、暫くは降らなさそう。
せっかく、関西組が遥々来てくれたんだから、やっぱり箱根の峠道を走ってほしい。
てなわけで腹を括って、恐る々々フルウエットの椿ラインへ向かいます。

走行写真はかすてらさんのアルバムより拝借しました。
フルサイズの画像はリンク先からダウンロードできます。

僕はiPhoneで動画を撮っていたんですが、
ウエット路面では動きが大人しくてつまんないというか(笑)
そんなわけで、かすてらさんに大感謝なのです。

Page 1/3 [Next]

 

home